落ちぶれブログ

ochibure.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 06日

レーシック体験記~再検査~

一週間のメガネ生活を乗り切り、再検査のため朝から梅田へ。
今回も無理ならレーシックは諦めてコンタクトに戻ろう。うん、そうだ、それがいい。
この日はGW中だが平日ということもあってか、前回より空いている。

角膜の形状を調べる検査をして、すぐにDrの診断。
前回とは違うDrだが
「やっぱり今のままだとレーシックは無理ですね」と言われる。
やっぱりか~
「ただ、ラゼックという術式なら角膜が薄い人でも受けれますが、どうします?」
うわ~これって井ノ兄がやったエピレーシック的なやつちゃうの、めっちゃ痛いって言ってたよな~
「ど、どんな手術ですか?」
「再生能力のある角膜の上皮だけを切除するので角膜が薄い人でも手術可能ですし、回復後は格闘技や激しいスポーツなんかも可能ですよ」
「ただ、レーシックに比べて術後の痛みが激しく、2~3日は痛みが続きますし視力が安定するまで1ヶ月はかかります。その後も半年間は外出時の保護用サングラスや目薬等制約は多いです」
「もし受けられるなら今日の夕方手術も可能ですのでよく考えて決断して下さい」

いきなり情報量が多過ぎて処理できない。
受けるべきか受けないべきか、GW後二日で終わるけど仕事間に合うの?値段は?リスクは?色んな事が浮かんで考えがまとまらない。

手術の詳しい内容は受付で説明してくれるというのでとりあえずオネーサンの話を聞いてみる。
レーシック不適合者(10~15人に1人)はこのラゼックという術式を受けているらしい。
レーシックと違ってフラップを作らずに角膜上皮をアルコールでふやかしてそのまま剥がしてレーザーを当てちゃうという内容。なんと痛々しい。
上皮を剥がした後は傷口丸出し状態なので痛みもきつく、術後の飲み薬や点眼薬なんかも多いし、角膜が再生する過程で視力がなかなか安定しないというデメリットがあるらしい。
「今日(金曜)手術を受けて月曜から仕事出来ますか?」という問いに「痛みは個人差がありますが、無理しない程度なら大丈夫でしょう」との答え。
値段は3種類あって真ん中のコースで24万円。

一応仕事の面とお金の面は大丈夫、問題は痛み弱い自分に我慢できるのかどうか。
検査は3ヶ月間有効なので今すぐ決めなくても良いと言われるが、今から一番近い休みでも8月のお盆。
3ヶ月ちょっとオーバーする。
やっぱ今日しかない。

考えた結果、同意書に署名し当日手術することにした。
もう引き返せない。
[PR]

by ochibure | 2011-05-06 19:01 | 雑記


<< ラゼック体験記~手術当日~      レーシック体験記 ~革命失敗編~ >>