カテゴリ:東海( 7 )


2011年 08月 13日

お盆ミニ山行その②

朝10時、多くの人で賑わうキャンプ場を場違いな格好で横切って河原へと降り立つ。
本日は板取川支流・川浦谷を遡行する。ここは泳ぎと核心のゴルジュ登攀が有名な沢のようだが、正直ちょっと不安。
もし何かあったらすぐに引き返すつもりで遡行スタート。
f0200993_0315752.jpg

キャンプ場すぐの吊橋からいきなりの泳ぎ。それも結構な距離。
f0200993_032649.jpg

途中からみっちゃんが全く進まなくなってきたので、長い距離は一人が泳いで後続をロープで引っ張る作戦に変更。
f0200993_0321731.jpg

この後すぐになかなかに厳しいへつりポイントを通過したが、女性二人にはギリギリで既に半泣き。
「上の廊下の水圧はこんなもんじゃないぞ!」と何の励ましにもならないゲキを飛ばすが本当に泣きたいのはこっちだ。
渓相といい、この水圧といい、どうやら今日は命からがら系に入ってしまったようだ。
これで水量少な目なのか~。
「ダメなら流されて下ってきたらいいや」という甘い考えでいたが、ちょっと気持ちを切り替えないと笑えない事になりそう。

その後、すぐに右から地獄の入口「海ノ溝」が出合う。来年沢部に強力な面子が入部してくれればここにも来てみたいような、来たくないような、まぁ今日は入口を眺めるだけですぐに左の岩棚に上がる。
f0200993_0455964.jpg

その先は本日のハイライト(自分的に)、爆水渦巻く1.5m滝が行く手を阻む。
おい、マジか~。こんなん落ちたら巻きこまれて死んでまうやん!
f0200993_0432569.jpg

(帰ってから記録を調べたら、子供が普通に滝の右側を登っている写真がありビックリした!カヤックなどの人達からしたらあの程度は何ということもないのか?!)

ここは取り敢えず左壁をクライムダウンして滝身に寄るルートを取るが、途中の大きな棚からの一歩が少し遠くて躊躇がはいる。
とてもザックを担いだままでは自信がないので、一旦岩棚に上がって仕切りなおす。
しかし、ここを無事通過できたとしても、この先通過不可能な箇所が出てきたらどうする?
この滝を流れ下れるのか?
もし引き返すならここだろう。
ここを越えたら戻るという選択肢はないと思った方が良い(その時点ではそう思った)
ウダウダ考えていたが、みっちゃんがいけるかもしれないということなので彼女にトップを託す。
万が一落ちて巻き込まれたらどこに引き上げるか、事故が起こったら誰がどうするかを打ち合わせしてロープを握って岩棚に立つ。
こちらからでは彼女の動きは見えないがスルスル~とロープが出たかと思うとあっという間にクライムダウンをして滝横まで到達していた。
彼女は「難しくないが落ちたらヤバイ所」の登攀はやたら強いのだ!
どうやら問題の遠い一歩はクライムダウンではなく尻餅状態から足を伸ばして降りたという。
あんな状況で万が一バランスを崩したら対処のしようが無いムーブで切り抜けるとはどうかしてるぜ!まぁ足が長いってこともあるけど。
自分はとても同じムーブは無理なので、遠い右手のホールドを保持してクライムダウン。心臓に悪い!
ザックを渡して三人目の嫁も無事降りてきた。

すぐに滝上の水流を横切ってとりあえず安全な岩の上に集合。
ここからいよいよ50m・70mと続くこの谷の核心ゴルジュ。
見事な廊下が続いている。
f0200993_1252251.jpg

ジャンケンで負けたけど「怖いから無理!」と断って無理矢理みっちゃんに泳がすことにした。
f0200993_1293887.jpg

「く」の字に屈曲する50m瀞は3回に分けて泳ぎ渡る。
自分は常に最後尾でザックと共に引っ張ってもらったのでだいぶ楽。

両岸は更に狭まり、いよいよこの谷最大の見せ場70m直線ゴルジュ。
ここもみっちゃんにトップを行ってもらう。
最初は右壁をトラバースする予定だったが、途中で行き詰まり水中にドボン。
f0200993_134988.jpg

流れは緩そうなので泳ぎで進んで、適当なところで這い上がるかと見ていたがまるで鯉のぼりのように水流にサラサラ~と両足を流されたまま一向に進んでいない。
壁がツルツルで手掛かりがない上、泳いでも全然進まないとのことで結局力尽きて入口まで戻ってきた。

ここは「難しいけど落ちても無事」な箇所のようなので自分とトップ交代。
最初から右壁をトラバースするつもりでスタートするが、一段高い箇所から降りる所が猛烈に悪い。
岩が全てヌルヌルで全くフリクションが無い!
たまたましっかり効いた残置ハーケンがあったので千切れたスリングをガッツリ掴んで一段下へ降り立つ。
ここからはヌメリがマシになったので中間くらいまでトラバースして後続とザックを引き寄せる。
f0200993_1424464.jpg

面積的に二人が限界の場所なので、一人呼び寄せてその間に自分は先にロープを延ばす。
中間点に一ヶ所水中から上がれそうな場所があったので、もし落ちたらここから上がるように指示して先に進む。(その後、嫁が落ちたが指示通りそこから這い上がった)
ここからはガバスローパーのリップが手掛かりになるので安定したバンドまで一気に進む。
f0200993_1503798.jpg

ようやく核心を抜けたっぽい。しかし、ここは水面から少し高いところにあるので後続が落ちたらどうしようもない。
最後のピッチは全員が落ちずに来ないと、また最初からやり直しの可能性がある。
危ない場面もあったが、ロープで引き上げたり、ホールドとムーブを指示して何とか全員が落ちずにバンドまで集結。
あー疲れた。
最後は岩棚から一旦クライムダウンして滝の側壁を登り直して安全圏へ。
これで本当に終わり。
f0200993_204547.jpg

核心だけで2時間かかった。喉カラカラ。
f0200993_235665.jpg

核心は終わったが、この後まだ100m級の泳ぎも出てくるみたいなので先は長い。
頭上高くに架かった橋からは観光客が物珍しそうに眺めている。
ふと見ると、橋の袂のルンゼを詰めたら橋まで上がれそうに見える。
一旦下界が見えるといつもの帰りたい病が・・・
この帰巣本能半端ない!
どうやら三人共気持ちが通じ合ったみたいなので、詰め上がる方向でルンゼを登る。
いや、正直刺激強すぎた!
川浦谷ゴルジュは充分に堪能したからもう満腹。
無事ルンゼを詰めて橋に出た時は普通に嬉しかった。
しかし、昨日の柿其谷の素敵な記憶が全部飛んでしまったやないかい!

橋から覗き込んだゴルジュ↓
f0200993_2164892.jpg

よくこんなところ来たもんだ。
キャンプ場から僅か数百メートルの中にこんな厳しい世界が広がっているとは・・・

でも核心のゴルジュは一回通過して分かってしまえば、次回からは楽に突破できるだろう。
次回は1.5m滝の登攀と上部の遡行も含めて西ヶ洞まで行こうと誓い合ってキャンプ場へと戻る。
f0200993_0565684.jpg

人で溢れるキャンプ場と先ほどのゴルジュの悲壮感とのギャップに違和感を感じながら水着ギャルをちらちらチラ見~して車に戻る。
これにて今年のミニ山行終了。
[PR]

by ochibure | 2011-08-13 00:31 | 東海
2011年 04月 16日

男三人ぶらり旅

ラッチー・ボン・自分の三人で前から行きたかったゲロックへ。
卑猥なトークで盛り上がってる二人の会話を聞いてたらいつの間にかエリアへ到着してた。
で、早速「ドーラ」発見ー!
f0200993_18172857.jpg

これやってみたかったのよね~。
思ってた通り格好良くて、面白そう。
ルーフ内に必要最小限のホールドが散らばりリップまで導いてくれる。
保持力、体幹、フック、色んなものが試され、最後まで気が抜けない好課題。
今日はこれを目標にやってきたのだ!
アップもせずに出来そうな箇所からバラしていく。
f0200993_18224566.jpg

三人居るのでムーブ解決が早い。でも自分は一手一手必死。
特に最初の右→右の箇所、そこからの手に足ヒール、最後の棚ガバ取るムーブはかなり苦労した。ってかほとんどのムーブがすべてギリ。
最終的には大中小と全員尺が違うのに全員同じムーブに落ち着いた。

ボンが一人良い感じで繋げだしたのでハラハラして見てたけど最後の棚ガバとる前の足でもたついてヨレ落ちを繰り返してる( ´艸`)ヨシヨシ♪
f0200993_18275198.jpg

自分もニ分割に出来たのでスタートからやってみる。
下部からギリギリのムーブをつないで必死でトップアウト。



これを見たボンもすぐ後のトライで執念のペロンチョ。
リップ付近できわどい行きつ戻りつを繰り返して最後は腕が上がらなくなるくらいまで出し切っていた。
久しぶりにプルってるところ見れて満足(笑)

続いて裏の「ラード」へ。
最初が意味不明。
こんなん持てるの?的なホールドにチョークとティックがついてる。
ラッチーとボンが果敢にムーブ解決しているのを後ろで眺める。
f0200993_18593693.jpg

強傾斜のカチ課題やし、まぁ無理やね。って思ってたらラッチーが次々いいムーブ見つけてくれてなんか希望の光が見え出した。
なので本気トライ。
したらあれよあれよと繋がってトップアウト。
おーマジか?!

対人クライマーボンがすぐさま後を追って登ってくる。
最後は「アップ、アップ、ププッピプー」と言いながらこれまたペロンチョ。

降りてきてから「もはや課題を登りたいというより、おいて行かれたことが悔しくて登った」と本音を語っていた。
お前はファイ田か!

ドーラでもラードでも一番早く一番良いムーブを見つけたラッチーは脛を強打して悶絶。
脛流血させながらエリア移動。


続いて「アンセム」なる課題を求めてワールドロックへ。
一手目からダイナミックなランジで、思っていた通りラッチーの独断場。
f0200993_19384665.jpg

一手目はほぼ100%止まるのに左足が上がらないという別の問題に直面しているラッチーを差し置いて、ボンが初めて一手目止めたトライでそのまま完登。
ラッチーもニ連発ランジでその後に続く。
自分も最後まで粘って何とか予定時間内に完登。
みんなで気持ちよく撤収~。

三課題しか触ってないけど初めての岩場はほんま楽しかったし、今度はゆっくりと来たいもんですな。
[PR]

by ochibure | 2011-04-16 00:48 | 東海
2010年 01月 10日

花崗岩接待

「遊んでやってもええねんぞ。あんまり行かんとこ行きたし。」
「カコウ岩触りたいおめ。」
「ぼかぁもっと早くても大丈夫おめよ。なんなら前日入りでもいいおめよ。」

某氏からのメール抜粋

という訳で豊田で花崗岩接待。
前夜、待ち合わせ場所のPで0:30まで待つが某氏は現れず。
翌朝7:00某氏現れず。
これはおかしい。
7:11「今どこ?」
7:14「いま大津の親方家ですわよ。」

そんなこんなで予定より遅れて接待開始。

文明開化~!と叫ぶ紀伊の龍とスポットする阿波の虎
f0200993_19573948.jpg

縄文ハングを堪能するお兄ちゃんと熱愛疑惑をかけられていた某氏
f0200993_20223073.jpg

ハシ藻に異様な程の対人パワーを発揮するgj
f0200993_20284590.jpg

[PR]

by ochibure | 2010-01-10 19:39 | 東海
2009年 07月 18日

大人の遠足

I川さん・93の中年三人組で大人の遠足。
高速降りて「後10分で着くよ」メール入れて、家の前に着いて「着いたよ」メールいれたけど一向に返信のない93。
もしや!と思い電話したら「いや、起きてましたよ!」と言いながら15分くらい下りて来ない。
絶対寝てたし!

三連休初日とあって大阪の道路はなかなかの混雑ぶり。

目的地に着く前にお昼ご飯の時間。
f0200993_20263073.jpg

並そば頼んだらサービスで手打ちそばの小碗が付いてきた。
そんなに蕎麦ばっかり食べれません!
f0200993_20273313.jpg


昼過ぎ岩場到着。
さっそく川の中を歩いて凹角の岩へ。
以前より水量が減っていたので皆で土木工事して何とかマット一枚置けるように整地。
f0200993_20304428.jpg


しかし、あまりの大工事だった為、工事で完全燃焼して誰も登らず。
一人は漫画読んでるし↓
f0200993_2031471.jpg


一人は入水自殺を図るし↓
f0200993_20315180.jpg


風呂上りのお父さん↓
f0200993_2032265.jpg


その後パチンコマンに移動。
前回パチンコマンならぬチョックマンになったI川さんのリベンジトライを見学。
93「スタートで落ちるに100円」
自分「スタートは出来るけどその後で落ちるに100円」
なんて言ってたら本日一撃で完登。
一人勝ち↓
f0200993_20322459.jpg


テンション下がったので一気に上流に移動してグレートハートへ。
f0200993_20332079.jpg


93が初登(?)したマントル課題でグレードは二段。
オロナマントルを一撃し、マーシーマントルもワンデイする程の彼が二段をつける位なので簡単なはずがない。
I川さんは前回打込んだが敗退したという。
自分は初めてなので入念にオブザベして真剣トライ!
二人の見守る中一回目のトライ開始。
「うぉー」「パシッ」「パシッ」「ぐぐぐぐっっっ」「プリン」

一撃しちゃいました。てへへ。

このグレードの一撃は初めてなので登れた時は「とうとう俺もこの境地に達したか」と感慨深いものがありました。
いや~いい課題でした。
決してグレードが甘いのではありませんよ、僕がそれを凌駕したんですね。うんうん。
f0200993_20333352.jpg


時間的にもちょうど良かったので今日のクライミングはこれで終了。

クライミング界の山崎邦正↓どこでそんなパンツ買うねん
f0200993_20334465.jpg


帰りはチッチャイおっさんの運転でBIGBOY
f0200993_20335427.jpg


食べてばっかりの一日。
2kg増でした。
[PR]

by ochibure | 2009-07-18 20:20 | 東海
2009年 06月 01日

平日友の会

四連休四日目の本日は93と二人で奥香肌へ。
本日の目的は大凹角岩。
二人とも初の岩なのでワクワクして行くが・・・

岩は360°水に囲まれて取り付くことさえ出来ない有様。
渇水期にしか登れなさそう。

残念ながら諦めて、最近奈良のM田君が拓いた岩に行くことに。
天気も良く、風もあって下界とはえらい違い。
f0200993_2254369.jpg

f0200993_225043.jpg


まずは「やごV6」にトライ。
93と二人で必死でムーブ解決に勤しむが、一ヶ所ホールドを見落としていた。(後に判明)
ムーブ解決と言えるかどうかのギリギリのラインでムーブ解決。
明らかにV6の範疇を超える悪いホールドでの足ブラを繰り出し、全力で繋げにかかるが息切れが激しい。

結局93がホールド発見して、ムーブ解決して、そのまま完登。
「やご」を登る93↓
f0200993_221393.jpg


アドバイスにしたがって後に続く。
その後は「肉きのこ初段」へ。
「肉きのこ」を登る93↓
f0200993_22155481.jpg


一手目が超持ちにくいガチャカチ。
こんなの岩でしか出てこないよ~。苦戦を強いられる&指皮もってかれる。
必死でムーブ解決に励むが、その後も悪い。
結局夕方まで二人でやり続けたけど、やればやる程指がよれて最後は出来てたムーブすら出来なくなり泣く泣く敗退。
左手イテ~。

途中ラグビーボール岩見に行ったり↓
f0200993_22194710.jpg

相変わらずデケー。
白峰の百万貫岩といい勝負ですね。

帰りは神座のラーメン雑炊で〆
f0200993_22205742.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-06-01 22:01 | 東海
2009年 05月 23日

前夜発で三重県へ。
道の駅で9ちゃん号と合流予定だったが0時を過ぎても来ないので先に就寝。
どうやら向こうは0時に大阪を出たらしい。
翌日7時に目を覚ますと既にI川さんは朝食中。
前夜3:30に寝たのに6時には起きたというI川さん。岩場でテンション上がるとかいう次元では無く老化現象であろう。
8時にスーパー香肌、8:30岩場と素晴らしい流れ。
今回は、二週間前に登り損ねたプリンプリンママEXを登る為に支流エリアからスタート。
前回念入りに掃除しすぎた為か、若干自然に帰りつつある。
なのでとりあえず砂落しを兼ねて皆で掃除。
f0200993_2117877.jpg

前回同様、悪い4級(93のお陰で4級らしいムーブになった)と3級でアップした後、プリンプリンの上部ムーブの練習。
自分は懸念だった上部のギャスカチ取りのムーブを若干変更して早速EXにトライ。
上部でパンプして危なかったけど何とか一回で終わらせることが出来て一安心。

プリンプリンママEX(二段)


その後はI川さんとホットホットママ(初段)へ。
左のスポッター二人は既に川に入ってスポットしてます。
f0200993_21224852.jpg

プリンプリンママから更に左にトラバースしてトップアウトする課題なので上部で落ちたら間違いなく川ポチャ。
まずは上部のホールド探しから。
上に回って使えそうなホールドを探すと3ヶ所ほど持てそうな部分があることが判明。
全てにチョークをつけてI川さんに探りに行ってもらう。
様子見と言いながら全てのホールドをデッドでつなぐ命のクライミングで最後は男落ち。
あんた凄いよ・・・
とりあえず使えそうなホールドと掛かり具合を聞いて次は自分が偵察に。
聞いていた通りの掛かり具合&一ヶ所ニューホールドを発見したので何かいい感じ。
抜けれそうなんで上部探ってそのまま抜けてみる。

ホールドが分かれば後は精神力。
I川さん次のトライであっさり一抜け。
落ち着いたいいクライミングでした。

その頃E口君は・・・
f0200993_21521945.jpg

川にはまってパンツまでビッショリ・・・
どうやら本日は大殺界だったようです。
着替えを持っていないというので自分の履いてる短パンを貸してあげました。
泳ごうと思って海パン履いてきてたのが幸い?しました。

まぁ、それはいいとして、、、
I川さんの作った流れに乗るべくホットホットママをEXバージョンでいきなりトライ。
上部ちょっと危なかったけど無事完登。
ホットホットママEX(二段)海パン初登


EXはプリンプリンもホットホットも同じくらいに感じたのでどちらも二段ということにしときます。
課題名は「ロングロングママ」ということで。
抜けはどちらでも各自の好きな方に抜けてください。


プリンプリンもホットホットもサクサクと登っちゃった93
f0200993_21161265.jpg


E口君はロングロングを上部マントル手前でパンプ落ち。
まさに大殺界。

I川さんもトライ。
二人がかりでスポットするも結局繋がらず。
f0200993_2271240.jpg



その後はメインエリアへ移動。
最近、似て非なるものが付けられたという「石舞台」を皆で見に行く。
確かにパッと見は判らないし、触った感じも違和感は無いけど・・・
違うホールド勝手につけたらアカンと思いますよ。

メインエリアお初のI川さんに色々課題を紹介しながら、下流へと移動。
看板課題は全てスルーして、途中の誰にも触られていない石灰岩のツルペタ岩でマントル部の活動開始。
全盛期のシマブーや魚さんを跳ね返した伝説の限定課題「左ヒールマントル」へと四名様ご案内~。
f0200993_1923917.jpg

悪いでしょ?
「二登出てませんよ(鮮魚内で)」との言葉に過剰に反応するI川さん。
結局93に先越されてたけど、最後に執念のゲット。
結構楽しんでもらえたようで良かったです。

そして更に下流で名物課題「陰部」とご対面。
f0200993_1985356.jpg


陰部を表から裏から触りまくって、薄暗くなるまで陰部と戯れて本日終了。

まだまだ課題あるし、また皆で来ましょう!
[PR]

by ochibure | 2009-05-23 21:04 | 東海
2009年 05月 10日

本日は久しぶりの奥香肌でリフレッシュクライミング。
E口君にプリンプリンママを紹介してもらう。

どんな課題か分からないが名前だけでこれほどインパクトのあるモノは「カチヒロシ」以来。
f0200993_23202870.jpg


メインエリアから離れた支流にその岩はあった。
相変わらずの清流と素晴らしいロケーションに既に大満足。

アップ課題に結構やられながらも早速プリンプリンママへ。
高さや形状、傾斜、ホールド全てが御岳の忍者岩にそっくり。
関西版忍者返しといったところか。
f0200993_2321514.jpg


E口君曰く「1級」とのことだったが、なかなかに厳しい。
右手で捉えるギャストンカチまで一苦労。
そして微妙に遠いこのギャストンがなかなか捉えられない。
ギャスカチを捉えるE口君↓
f0200993_2321185.jpg


ギャストン捉えたら終わりだと思っていたら、リップでみんな降ってくる。
どうやら上部にもう一ドラマあるようだ。
上に回ってホールドチェックするが抜けのホールドが微妙~。

E口君、I川さんとリップまで行っているのに決定的に扉を開けてくれない。
そして自分はギャスカチがとまらない・・・
一日がこの課題だけで終わりそうな雰囲気が漂っている。
いい表情のE口君↓
f0200993_21201280.jpg


お願ーい。止まって。
たまたまギャストンとまったトライで何とか完登。
チキン君頑張りました。
f0200993_21224532.jpg




その後は岩の右端からSDスタートしてプリンプリンママに繋げる課題を試してみる。
まるで御岳の蟹のような課題。
プリンプリンママのスタートホールドと同じくらいの高さのホールドをつなげていき自分の手数で8手でプリンプリンママに合流するこの課題。
妙に面白くて皆でマシンガン。
f0200993_23214182.jpg
f0200993_2322222.jpg
f0200993_23221995.jpg

f0200993_23222963.jpg

でこの後ようやく合流。
ここ迄で1級~初段くらいかな?
トップアウト迄で20手くらい。
つなげてくるとたださえ厳しいプリンプリンが更に厳しい・・・
この課題既に登られているのかな?
もし知っている人いたら教えてください。
登れてないけど自分の体感では二段くらいかと。


その後は指の休憩を兼ねて近くのマントル課題へ。
強制的にマントル部に入部していただきました。
f0200993_23224264.jpg


指も休まって体もほぐれたところで再びプリンプリンへ。
気温も下がってベストコンディションの中、I川さん一発で完登。
f0200993_2322532.jpg


E口君もそれに続く。
f0200993_2323694.jpg


ナイスクライミングでした。
自分もおこぼれに与ろうとプリンプリンEXにトライするがギャスカチ取れず落ち。
流れ断ち切って本日のクライミング終了。

帰りはサイカラーメンで〆
f0200993_2323184.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-05-10 23:20 | 東海