落ちぶれブログ

ochibure.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

今日も

彼に会いに四国へ。
小藪座長じゃないですよ↓
f0200993_21224533.jpg


よく見ると股間から謎の黒い物体が↓
f0200993_21265819.jpg


病気とかお祈りとかじゃないですよ↓
f0200993_21291852.jpg


Pをやらずにノーハンド課題と戯れる彼↓
f0200993_21304338.jpg


マット運搬と撮影の為にかり出された二人。ご苦労様です↓
f0200993_2124331.jpg


Pの方はというと・・・そらぁもうねぇ・・・↓
f0200993_21354268.jpg


謎の生物発見にテンション上がって撮影会↓
f0200993_21364263.jpg


また来週~
[PR]

by ochibure | 2009-05-30 21:21 | 四国
2009年 05月 29日

虫除け

先日9ちゃんが自作してきたハッカ油の虫除けがブヨに効果的だったので、自分も作ってみようと材料を揃えてみた。
ネットで調べてみたら実はハッカ油は虫除けとして非常に効果が高く、登山者の常識らしい。( し、知らなかった・・・)
しかも市販の虫除けスプレーは100mlで¥400前後するので、自作の方がコストパフォーマンスも高いでしょう。


材料
・ハッカ油・・・20ml¥500
・クールローション・・・230ml¥300
・スプレー容器・・・¥100
f0200993_22302546.jpg


ハッカ油を単純に水道水で薄めてスプレーしても効果は十分にあるらしいけど、ハッカは油なので水とは基本的に混ざらないらしい。
「混ぜるなら無水エタノールなどで」、とのことなので今回はクールローション版とエタノール版を作ってみた。(9ちゃんはシーブリーズと混ぜていた)

ローションと混ぜるとそちらの匂いがきついので、ハッカの香りが薄いような気がする。
エタノールと混ぜた場合は純粋にハッカだけの匂いなのでこちらの方がいいように感じるけど果たして虫除けの効果は如何に!?
早速明日の岩場で使用してみよう。
[PR]

by ochibure | 2009-05-29 22:30 | 雑記
2009年 05月 24日

rocksオープニングコンペ

睡眠不足・前日の疲労・胃のむかつき・etc
朝起きた時点で今日のコンペは無い!って思える程の体調。
でもエントリーしてるし、、、
コンペって分かってながら昨日遅くまで遊んでたのは自分やし、、、
いや、アカンアカン、前向きに行こう!
コンペの雰囲気になったら絶対体動くはずやし!


で、無理やり気持ち高めていざ倉敷へ!
今日は岡山にオープンした「rocks」のお披露目コンペ。
f0200993_1933386.jpg


クラックスからは8000やザキさん、Uッチーさん、Rイカさん、Iワタ君も参加。
そして久しぶりのI田君も!
何と、現在はここをホームにしているらしい。

「両手を挙げろー!」ドキドキキャンプI田↓
f0200993_1937319.jpg


コンペは午前2時間・午後2時間の合計4時間で45課題をセッションするミニパ方式。
クラックスと同じVグレードでV0~V8まで各壁に用意され、グレードによって点数も上がっていく。

事前情報では「クラックスより1グレードくらい甘いですよ」と聞いていたし、ホールドも新しいものを取り付けたので誰も触ったことがないからアウェイでも安心していたんだけど、、、(後々えらい目にあう)


10時コンペ開始。
最初の一時間は嫁と二人でアップ代わりにV2くらいまでを登っていく。
壁によって難しいやつがチラホラ。

一階の被り壁↓
f0200993_19471620.jpg


明らかに体が重い。
アップしてもまったく体が動き出さず。
これは難しいのでガツンとエンジンかけなくては!と思って二階へ。
f0200993_19511554.jpg

二階では8000、ザキさん、I田君が汗だくになっている。
は、早ない?
既にV5やV6を登っているというので慌てて追いかける。

V5、6は決して甘くなくクラックスと同じくらいだった。
V7に至ってはゴール核心で飛び出せず敗退。

一階に戻る。
しかし、二階と違い一階はやたら難しい。
V5の一撃がギリ。
V6はモノによってはムーブすら出来ず。

ど、どうなっているんだ?
1グレード甘いんじゃないのか?!
1グレード辛く感じるんですけど・・・
これはヤバイと思いルーフのエリアへ移動。
V7にトライしてみる。
ちょっとリーチくさいけど何とかなりそうなんで午前中の時間を全てそれに注いでムーブ解決することにした。
何度も何度もピンピンでホールドはたいて落ちるもんだからニューホールドに指皮持って行かれて既に指先ヒリヒリ。おぅっふ。

それにしても今日は力が出ない、出ないというか続かない感じ。
午前中トライしようと思っていたけどあまりにしんどいので一人早々昼休みに入る。
豚角煮丼のお店が出ていたので皆のトライ眺めながら角煮丼むしゃむしゃ。
オレ終わってるよな~、とか思いながらマットでゴロゴロ。
もはや二時間で体力の限界が来ていたので昼からはルーフのV7一本に絞ろうと心に誓って再びゴロゴロ。

お腹の角煮が消化されないまま午後の部スタート。
休み過ぎて体が痛重いけど、ブヒブヒ言いながらルーフを越えて上部突入。
他の人が落ちていた箇所は予定通りヒールで固めて無事ゲット。
あー出し尽くしました。
僕のコンペが終わりました。
もはや簡単な課題で小銭稼ぐ体力も残っていない。

チョークバッグ閉まって靴脱いで写真係りに変身。
するとお久しぶりのGッキー大先生が登場。
f0200993_20114866.jpg

5ヶ月前に岩場で足首を複雑骨折して緊急手術したというのに「捻挫や!」の一点張り。
お、おそろしい人や。
そんな恐ろしい人が
「何でもうくつろいでんねん?オレのV7やってくれたか?」
と一言。

慌ててチョークと靴用意して二階へダッシュ。
可能性を全く感じないまま、「そこ核心ちゃうで!」という箇所で落ち続ける。
もう勘弁して下さい。

Gッキー先生が別の人と話している隙に横の課題にトライしてたら
「おい、何で課題変えとんねん!」
「は、はい~、スミマセンもう一回V7やらしてもらいます」

ひたすら下部落ちを繰り返していたら、見かねたGッキー先生が見本をみせてくれることに。
靴下で登り出す先生。

ドサッ。

先生、僕と同じところで落ちてますやん。

(※後に分かったことだが、どうやらこのV7横のV8より難しかったらしく瀬戸君しか登れなかったとか・・・)

そんなこんなでコンペ終了。


集計の間、小学生に「課題作って~」と頼むI田君。
f0200993_20335144.jpg

小学生「十段くらいでええ?」
I田君「いや、七段くらいで足自由のん作って」

で、推定七段の足自由課題で落ちるI田君↓
f0200993_20364637.jpg



そんなこんなしてたら表彰式。
コンペ上位の方々。
f0200993_2032792.jpg


嫁はちゃっかり女子で優勝してシューズ券をゲットしていた。
男子は瀬戸君を抑えて多久君が優勝。おめでとう。
スタッフの方々、参加者の皆さんお疲れ様でした。
セット等大変だったと思いますが、一日(正確には2時間)楽しませていただきました。
次はもう少し体調整えてやってまいります。
f0200993_20333670.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-05-24 19:24 | コンペ
2009年 05月 23日

前夜発で三重県へ。
道の駅で9ちゃん号と合流予定だったが0時を過ぎても来ないので先に就寝。
どうやら向こうは0時に大阪を出たらしい。
翌日7時に目を覚ますと既にI川さんは朝食中。
前夜3:30に寝たのに6時には起きたというI川さん。岩場でテンション上がるとかいう次元では無く老化現象であろう。
8時にスーパー香肌、8:30岩場と素晴らしい流れ。
今回は、二週間前に登り損ねたプリンプリンママEXを登る為に支流エリアからスタート。
前回念入りに掃除しすぎた為か、若干自然に帰りつつある。
なのでとりあえず砂落しを兼ねて皆で掃除。
f0200993_2117877.jpg

前回同様、悪い4級(93のお陰で4級らしいムーブになった)と3級でアップした後、プリンプリンの上部ムーブの練習。
自分は懸念だった上部のギャスカチ取りのムーブを若干変更して早速EXにトライ。
上部でパンプして危なかったけど何とか一回で終わらせることが出来て一安心。

プリンプリンママEX(二段)


その後はI川さんとホットホットママ(初段)へ。
左のスポッター二人は既に川に入ってスポットしてます。
f0200993_21224852.jpg

プリンプリンママから更に左にトラバースしてトップアウトする課題なので上部で落ちたら間違いなく川ポチャ。
まずは上部のホールド探しから。
上に回って使えそうなホールドを探すと3ヶ所ほど持てそうな部分があることが判明。
全てにチョークをつけてI川さんに探りに行ってもらう。
様子見と言いながら全てのホールドをデッドでつなぐ命のクライミングで最後は男落ち。
あんた凄いよ・・・
とりあえず使えそうなホールドと掛かり具合を聞いて次は自分が偵察に。
聞いていた通りの掛かり具合&一ヶ所ニューホールドを発見したので何かいい感じ。
抜けれそうなんで上部探ってそのまま抜けてみる。

ホールドが分かれば後は精神力。
I川さん次のトライであっさり一抜け。
落ち着いたいいクライミングでした。

その頃E口君は・・・
f0200993_21521945.jpg

川にはまってパンツまでビッショリ・・・
どうやら本日は大殺界だったようです。
着替えを持っていないというので自分の履いてる短パンを貸してあげました。
泳ごうと思って海パン履いてきてたのが幸い?しました。

まぁ、それはいいとして、、、
I川さんの作った流れに乗るべくホットホットママをEXバージョンでいきなりトライ。
上部ちょっと危なかったけど無事完登。
ホットホットママEX(二段)海パン初登


EXはプリンプリンもホットホットも同じくらいに感じたのでどちらも二段ということにしときます。
課題名は「ロングロングママ」ということで。
抜けはどちらでも各自の好きな方に抜けてください。


プリンプリンもホットホットもサクサクと登っちゃった93
f0200993_21161265.jpg


E口君はロングロングを上部マントル手前でパンプ落ち。
まさに大殺界。

I川さんもトライ。
二人がかりでスポットするも結局繋がらず。
f0200993_2271240.jpg



その後はメインエリアへ移動。
最近、似て非なるものが付けられたという「石舞台」を皆で見に行く。
確かにパッと見は判らないし、触った感じも違和感は無いけど・・・
違うホールド勝手につけたらアカンと思いますよ。

メインエリアお初のI川さんに色々課題を紹介しながら、下流へと移動。
看板課題は全てスルーして、途中の誰にも触られていない石灰岩のツルペタ岩でマントル部の活動開始。
全盛期のシマブーや魚さんを跳ね返した伝説の限定課題「左ヒールマントル」へと四名様ご案内~。
f0200993_1923917.jpg

悪いでしょ?
「二登出てませんよ(鮮魚内で)」との言葉に過剰に反応するI川さん。
結局93に先越されてたけど、最後に執念のゲット。
結構楽しんでもらえたようで良かったです。

そして更に下流で名物課題「陰部」とご対面。
f0200993_1985356.jpg


陰部を表から裏から触りまくって、薄暗くなるまで陰部と戯れて本日終了。

まだまだ課題あるし、また皆で来ましょう!
[PR]

by ochibure | 2009-05-23 21:04 | 東海
2009年 05月 23日

燃費日記

阪神高速~環状線~西名阪の約90kmで遂に最高記録更新。
夢の30km/lオーバー!
更に下道90kmで目的地に着いても25km/lを越える素晴らしい燃費でした。
帰りはエアコンフル稼働させてベタ踏みしたにもかかわらず前半の貯金が効いて実燃費で20km/l。
時間がある時はまた挑戦してみます。
f0200993_7113222.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-05-23 07:11 |
2009年 05月 22日

掃除

仕事は休みでも雨ではどこにも行けないし、遊んでくれる人もいないので一撃の大掃除

全てを外に出してみた
f0200993_17381350.jpg

いつのまにやら増えた荷物達
f0200993_17384499.jpg

夕方までかかって何とか終了~


あっ、嫁さん迎えに行かな!
[PR]

by ochibure | 2009-05-22 17:40 | 雑記
2009年 05月 16日

四国

関西は全て雨なので一番影響の少なそうな四国へ。
普段は気になる課題や宿題があると、他所には浮気せずひたすら一つの課題に通う派なんですけどネ。
雨には勝てず。。。

突然の誘いにも関わらずアベちゃんとお兄ちゃんが来てくれました。
ありがとうございます。

前回(半年位前)初めて連れて来てもらった時に比べて水量も少なく心なしか下地も下がったような・・・
「この岩こんな掘れてたっけ?」
f0200993_2313569.jpg


ここに来たらまずは「絶妙スラブ」でアップ。
砂々のヌルヌルやんけ!誰も一撃できず。
f0200993_23181633.jpg


その後は「ムグライ」へ。
f0200993_2319545.jpg

f0200993_2320428.jpg


前回、必死のパッチで登った上に、上部のムーブを全て教えてもらったので「何か悪かった」という記憶しかなかったこの課題。
とにかく上部が怖くて悪かったイメージがあったんで本日再トライ。
岩場に通っていると何となく岩登りに体が慣れてくるもんで、特に実力が上がった訳ではないけど前回よりは落ち着いて登ることが出来ました。




その後はアベPへ。
f0200993_055193.jpg

アベちゃんの様子は動画でどうぞ↓


ナイストライでしたね。

天気予報通り15時には雨が降ってきたので撤収。
登り足りなかったのでそのまま極光へGo!
久々のオーナーにもお会いできました。
アベちゃんと課題作りあってセッションという名の潰し合い。

ここではきっちりPを落とすアベチャー輔↓
f0200993_092842.jpg


お世話になった皆さんありがとうございました。
また近いうちに四国お邪魔しまーす。
[PR]

by ochibure | 2009-05-16 23:05 | 四国
2009年 05月 10日

本日は久しぶりの奥香肌でリフレッシュクライミング。
E口君にプリンプリンママを紹介してもらう。

どんな課題か分からないが名前だけでこれほどインパクトのあるモノは「カチヒロシ」以来。
f0200993_23202870.jpg


メインエリアから離れた支流にその岩はあった。
相変わらずの清流と素晴らしいロケーションに既に大満足。

アップ課題に結構やられながらも早速プリンプリンママへ。
高さや形状、傾斜、ホールド全てが御岳の忍者岩にそっくり。
関西版忍者返しといったところか。
f0200993_2321514.jpg


E口君曰く「1級」とのことだったが、なかなかに厳しい。
右手で捉えるギャストンカチまで一苦労。
そして微妙に遠いこのギャストンがなかなか捉えられない。
ギャスカチを捉えるE口君↓
f0200993_2321185.jpg


ギャストン捉えたら終わりだと思っていたら、リップでみんな降ってくる。
どうやら上部にもう一ドラマあるようだ。
上に回ってホールドチェックするが抜けのホールドが微妙~。

E口君、I川さんとリップまで行っているのに決定的に扉を開けてくれない。
そして自分はギャスカチがとまらない・・・
一日がこの課題だけで終わりそうな雰囲気が漂っている。
いい表情のE口君↓
f0200993_21201280.jpg


お願ーい。止まって。
たまたまギャストンとまったトライで何とか完登。
チキン君頑張りました。
f0200993_21224532.jpg




その後は岩の右端からSDスタートしてプリンプリンママに繋げる課題を試してみる。
まるで御岳の蟹のような課題。
プリンプリンママのスタートホールドと同じくらいの高さのホールドをつなげていき自分の手数で8手でプリンプリンママに合流するこの課題。
妙に面白くて皆でマシンガン。
f0200993_23214182.jpg
f0200993_2322222.jpg
f0200993_23221995.jpg

f0200993_23222963.jpg

でこの後ようやく合流。
ここ迄で1級~初段くらいかな?
トップアウト迄で20手くらい。
つなげてくるとたださえ厳しいプリンプリンが更に厳しい・・・
この課題既に登られているのかな?
もし知っている人いたら教えてください。
登れてないけど自分の体感では二段くらいかと。


その後は指の休憩を兼ねて近くのマントル課題へ。
強制的にマントル部に入部していただきました。
f0200993_23224264.jpg


指も休まって体もほぐれたところで再びプリンプリンへ。
気温も下がってベストコンディションの中、I川さん一発で完登。
f0200993_2322532.jpg


E口君もそれに続く。
f0200993_2323694.jpg


ナイスクライミングでした。
自分もおこぼれに与ろうとプリンプリンEXにトライするがギャスカチ取れず落ち。
流れ断ち切って本日のクライミング終了。

帰りはサイカラーメンで〆
f0200993_2323184.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-05-10 23:20 | 東海
2009年 05月 09日

5月だというのに既に夏の暑さ。
天気予報では7月並みの気温とのこと。
路面の温度計は29°。

そんな中、夕方の気温が下がる時間を狙って17:30ミタライIN。
日没までの一時間ちょいを岩魚のムーブ練習。

日は陰っても岩が熱を持っていて全くダメ。

ひたすらカチに向かって飛んでは落ちての繰り返し。
しかも毎回必死だからそんなに便数出せないし。
手数があって、ムーブを洗練させていって完登を狙う課題は、行く度に進歩があって楽しいけど、一手モノはモロに保持力や岩のコンディションに左右されるから辛い。
ごまかしきかないな~。
たまたま居合わせたフジ神のナイスなアドバイスにより練習方向が決まったのだけが収穫かな?

暑くなるのが先か、登れるのが先か、微妙なとこにいる。

早く解放されたーい!
[PR]

by ochibure | 2009-05-09 08:17 | 関西
2009年 05月 05日

GW九州1000円ツアー最終日

二日目。既に最終日。
「加齢による体力低下」「ツアーによる家庭環境の悪化」などの理由から今回は二日間という強行日程。
f0200993_20253100.jpg


この日は朝から晴れていい感じ。
f0200993_2055295.jpg


昨日登れなかったので皆のテンションも高め。
濡れたテントとシートなどもわざわざ河原まで持って降りて乾かす。

まずは「ムービースター1級」でセッション。
f0200993_2073190.jpg


一抜けはこの人。
ゴリゴリパワー健在のゴリマッチョリーダー。
f0200993_2010137.jpg


男性陣は全員登って隣の「巨根1級」へ。
上部でアヘアヘ。
f0200993_20131684.jpg


下流に移動して「クラムボン二段」の岩へ。
最初はクラムボンの横のマントル初段をやるつもりが全く出来そうにない、というかどうやってリップまで行くのかが全く分からない。
なのでクラムボンへ。

クラムボンのリクボン。
f0200993_20231175.jpg


スタートから厳しいので、出来そうな箇所のムーブを探る。
気付いたら抜けの二手前スタートの課題になっていた。
結局誰も出来ずに早々に移動。
f0200993_20282028.jpg


天気もいいし更に下流で「ハイデルン1級」や「タタッキー初段」でセッション。
ハイデルンは思った以上に悪く、皆で波状攻撃。
93太郎、会長、に何とか続く。

ハイデルンのI川さん(幽体離脱前)
f0200993_20302229.jpg


更に下流へ移動して「疑惑のスロープ初段」へ。
河原特有のツルっとしたスローパーガバで指力は全く問われない肩・上腕系の課題。
一見簡単で単純そうだが、取り付いてみるとムーブが複雑でテクい。河原好きの自分的には☆☆☆課題。
f0200993_20401091.jpg

ゴリマッチョ、細マッチョも混じってセッション。
みんな最後のガバ取りで落ちる。
登れそうで登れない。めっちゃいい課題。

全員があと少しまで漕ぎ着けたところで、雨が・・・
f0200993_2042982.jpg


結局この雨は止むことなく本降りに。
雨の中撤収。
乾かしていたテントやシートは逆にビチョ濡れ。
何か雨に翻弄された二日間。せっかく皆で行ったのにな~。

ビチョビチョのマットを車に積み込み一路関西へ。
九州自動車道は考えられない渋滞なので北九州までひたすら下道。
そこから一晩中走って明け方帰宅。
皆さんお疲れ様でした、そしてリーダー運転ありがとうございました。
[PR]

by ochibure | 2009-05-05 19:48 | 九州