落ちぶれブログ

ochibure.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 26日

四年前のハシ藻を越えた日

四人+1匹で市ノ瀬へ。
朝テントから出ると謎のメッセージが。
f0200993_18424529.jpg

何度も言いますが、僕とハシ藻君は「ハゲ」ではなくて「薄毛」ですから。。。


気を取り直して、本日も川をジャブジャブと渡って岩場へ。
三週間前より暑い。
f0200993_20122592.jpg


お初のEGちゃんとチャラ男君に課題を紹介しつつ一緒にアップ。
みんなで下から順にトライして行き、前回苦労した二級に同じように苦労してもらう。
f0200993_20125597.jpg


続いてこれまた前回苦労した一級に苦労してもらおうと思ったらチャラ男が何と一撃!
「やったーOSやOSや!」
ってはしゃいでたので
「人の登りを見たり、事前にホールドを触ったらフラッシュと言うのですよ」
と優しく教えてあげた。
はしゃぐチャラ男↓
f0200993_20135325.jpg


さぁ我々オッサン'sもそろそろ宿題に取り掛かりますか、とMチョスと二人で「涼」(三段)の上部を探ってムーブを確認。
案の定、下部のプチランジがなかなか曲者だったけど、それが止まったトライでそのまま登れた。
思ったより早く片付いて良かった~、と思っていたらMチョスが
「ドラゴンっていいんすか?」

で、他人のドラゴンでがっつりMチョスも完登↓
f0200993_2381759.jpg


いいですね~。

EGちゃんも一級登って、三人で1級/初段にトライしている。
1級/初段の嫁↓
f0200993_2310522.jpg


チャラ男は何やかんや言いながらも一抜けして「涼(直上)」二段に参戦。
f0200993_23111285.jpg

最初はアヘアヘ言って全然出来なかったくせに徐々にコツを掴んできて、一度は核心越えたのに上部で落ちてきた。
コバヤンさんおったら「アホやね~」って言われてたでしょうね。
まぁ自分も三週間前、同じとこで落ちましたけどねw

その後は「指皮がない」とか「ポケットの淵が当たって痛い」とかいうチャラい言い訳をしてチャラ男戦線離脱。

Mチョスは先程登った涼の更に一手下からのスタートをやりだす。
トポにはSDスタートと書いてあるものの、どう考えてもスタンディングになってしまうので前回も「下が掘れたんかな~?」なんて言ってトライしてたのをSDスタートでやり直そうとしている。
これでスタートすると完全に左手のポッケだけで引いて、足も全然無い状態からポケットキャンパスで発射しなくてはならないのでスタイルとしては素晴らしいがラインとしては微妙。
そんな体に悪いことしなや~って思ってたらスルスル~っと完登。
どうなっとんねん!?
せっかく登ったのに更に下からいかれたら自分もいくしかない。
これで登れなかったら最初の完登も認められない、いわゆる鮮魚ルール。
で、焦ってトライするけどダダはまり。
そうこうしてると嫁が1級/初段を完登。
おー勝ち組みが二人!
EGちゃんと二人取り残された。
撤収時間も迫り、無理っぽいな~って思いながら半ばなげやり的なトライが続く。
そしたら偶然が重なったトライで登れた。わーいわーい。
左手がちぎれそうな強引なスタート↓
f0200993_23112816.jpg


で、最後はEGちゃんもやってくれました。
渾身のトライでラストを綺麗に飾って、四年前のハシ藻を越えたのでした。
ハシ藻越えの瞬間↓
f0200993_2394310.jpg


ちょうど時間となったので気持ちよく全員撤収。
その後はトンカツ食べに福井の街まで。
以前、魚さんに連れてきてもらった「かつ義」へ。
デミグラスヒレカツ↓
f0200993_2385142.jpg
f0200993_239757.jpg

お替りしといて食べきれないチャラ男↓
f0200993_2391710.jpg


みなさま、乙でした~。
[PR]

by ochibure | 2009-09-26 18:41 | 甲信越
2009年 09月 21日

南国ツアー【三日目】

起きた瞬間、もう無理。
重い体を引きずって無理矢理テントから出る。
自分だけしんどいのも何なので、とりあえずリクボンのテントを揺すって強引に起こす。
チーム鮮魚の伝統ですな。

今日はK織さんの案内で別のエリアへ。
アプローチからフラフラ。
三日目ともなるとだいぶ厳しいな~。歳かな?

一人元気なコバヤンさん↓
f0200993_19261597.jpg

f0200993_19283048.jpg


まずは左端の4級くらいの課題でアップ。
その後はふられが面白いという1級のランジ課題へ。
f0200993_19314026.jpg

f0200993_19332799.jpg

嫁も打込みの末、気持ちよくゲット。
f0200993_19381481.jpg


お次は黒潮さんPへ。
下部から一つずつムーブを作りつつ探りつつ。
f0200993_19391082.jpg

f0200993_19392928.jpg

ここでもリクデッド炸裂。
上部への扉を開ける。
f0200993_19402975.jpg

なんだこの若造は!
指痛くて今日は無理~とか言っていたのに何か一人高度かせいでる。
自分はリクデッド部分がどうも確率悪くて単品でも一回も成功しない。

リクボン後はいよいよリップへの一手。
f0200993_19424247.jpg

残念~
f0200993_1947824.jpg


そんなことしてたら後から参戦してきたナンバ君がさっくりと初登。
「アバウト」(初/ニ段)となりました。

ふむふむ、最後はやっぱりランジじゃなくて乗り込みか。ナンバ君からコツ聞いてすぐさまトライ。
初めて確率の悪いデッドが止まったチャンスを逃さず二登。
若者よ、これが年の功だ!むふふふふ~。
リクボンはどうしてもリップの一手ができず敗退。
そうやって悔しい思いを積み重ねてみんな成長していくのです。(まぁ当分成長しなくていいけど)

核心を止めてリップへの一手を出すK織さん↓
f0200993_1955822.jpg


その後は心折れたヘキサボンとクイズ大会。
Q「兵庫県の県庁所在地は?」
A「明石!」
Q「三重県の県庁所在地は?」
A「伊勢!」
Q「四万十川があるのは何県?」
A「本州のお腹の辺り」
みんな唖然・・・
これが推薦で大学に受かった高校三年生の真の姿です。
我々中高年がしっかりしないと日本の未来は危ういですね。

でもまぁ三日間楽しませてもらいました。
最後までE口ちゃんにお守りまかせっぱなしでしたが。。。

お世話になった皆さん、一緒に登った方々、今回はお会いできなかったローカルの皆さん、ありがとうございました。
久しぶりにクライミングを始めた頃の新鮮な気持ちを思い出させてくれたツアーになりました。
また近いうちにお邪魔します。
[PR]

by ochibure | 2009-09-21 19:12 | 四国
2009年 09月 20日

南国ツアー【ニ日目】

筋肉痛&指皮なし状態でちょっと厳しい体調の二日目。
この日は、「Nonius」という課題があるエリアへ。
駐車場も広くアプローチも平坦で言うこと無し。
「Nonius」(1級)は非常に見栄えのする岩のリップを左上して頂点でマントルトップアウトという素晴らしい課題。
前回トライしたけど全員敗退したというE口ちゃんの脅し文句に若干ビビリながら皆でトライ開始。
人数が多いとムーブ解決も早いし、色んなコツが出てくるもんでどんどん手が進む。
大好きな挟み込みパンパン系。
f0200993_20444643.jpg

更に下からつなげる「Nonius SD」(P)にもトライしてみる。
皆で知恵を出し合って一手ずつ解決。
「E口中継」「リクデッド」「ナンバトゥ」を駆使して繋げ役はワタクシ。
要は若手にムーブ解決させてそれパクって繋げるってことね。

でもこの課題ムチャクチャ面白い!
手数多くてムーブがあって、岩は高過ぎず低過ぎず、今の自分の持てる力を全部出し切れば登れるかもしれない微妙なラインの難しさ。
ギリギリでつながるこの感じがタマリマセン。
自分の体感では二段+1級=二段/三段くらいかなと?
この日はどんどん気温が高くなって日陰もなくなってきたんで移動。
でも是非またトライしに行きたい!
f0200993_21211266.jpg


で、昼からは涼しい某渓谷に移動。
迷わず入水。
f0200993_21344591.jpg

体冷やした後はカンテ沿いの結構高~いカチカチ課題。
f0200993_21465392.jpg

その後は横の1級課題へ。
f0200993_21495672.jpg

f0200993_21493013.jpg

1級はオリジナルムーブで登れたので、さらにその下のホールドからスタートする(初段くらい?)のを登って、更にもう一手下から繋げようとリクボンと二人で色々試みるも挫折。
言うこと聞かないリクボンを調教中。
f0200993_2150467.jpg

夜はもちろん宴会。
素晴らしきかな連休。
f0200993_21525960.jpg

[PR]

by ochibure | 2009-09-20 20:24 | 四国
2009年 09月 19日

南国ツアー【一日目】

楽しみにしていた南国土佐ツアー。
約束通り当日の朝キャンプ場でE口ちゃん、もう大学生(まだ高校生)と合流。
テントを設営して本日の寝床確保。
f0200993_18454013.jpg

そのまま本日の目的地フューチャーへ。
f0200993_18473082.jpg

デカイ岩がゴロゴロ。
f0200993_18481951.jpg

こんなのが普通にあるんだからすげーよ!
f0200993_1849127.jpg

もう大学生の案内で一通り課題を見て回る。
「シスターズ」「ループインマイハート」「56の冒険」「超時空」・・・etc
やりたい課題がてんこ盛り。
テンション上がってストレッチもそこそこにシスターズのSD(初段?)にトライ。
シスターズ(1級)のE口ちゃん↓
f0200993_18533222.jpg

余裕こいてたらもう大学生に先を越されて精神的に追い詰められる。
年長者を差し置いて完登するもう大学生↓ そんなことじゃ社会でやっていけませんよ!
f0200993_19154237.jpg

ギリで登ったけど、いきなりリズム崩されるわ指皮なくなるわで散々なスタート。

アップも十分できたので本日のメイン「超時空」(二段)へ。
ちょうど遅れてコバヤンさんやマニアックさん、横山さん、ナンバ君らの王子組も到着。
みんなで超時空に波状攻撃。
もう大学生は「初の二段」を狙って必死でトライ。
f0200993_19365127.jpg

コバヤンさんも宿題を終わらせる気マンマン。
f0200993_1938114.jpg

ナンバ君4、5回で登っちゃうし!

この課題、登りやすそうで実は繋げると難しいという困ったちゃん。
個々のムーブはそれほど難しくないものの、一つ一つを丁寧に且つ確実にこなさないと最後まで続かない。
もう大学生は核心を越えて最後の乗っ越し、というかもう乗っ越してるだろ的な箇所で2回落ちてきた。
ふっふっふっまだまだ若いな~。
でもさすがに次は絶対登られるのでその前に気合入れて何とかゲッツ。
オッサンの面目躍如
f0200993_1944320.jpg


嫁もシスターズに戻って一撃目で完登。
夫婦揃って良かったね~と言っていたら超時空の方から声が!
もう大学生が初の二段をゲットしていた。
日本中に色んな二段があるけれど、ライン取り、内容、見栄え、どれをとっても★★★の二段だよ。
おめでとう!

さぁそろそろ夕方。
嫁と一緒に「ループインマイハート」にトライしようかと思ってマットを移動したらナンバ君が「Stoicism」(三段)を触りだす。
遠いギャスから高い足上げ、サイドに寄せてリップにドーン!
さすがキングアツシの課題。
K織さんや黒潮さんのブログを見てどんな課題かはだいたい知っていたが目の前で見ると明らかに悪そう。
まぁ遊びで触り出す。
その頃、もう大学生は二段完登に気をよくして中州でグラビア撮影。
f0200993_19573055.jpg

何しとんねん!
f0200993_195742100.jpg


で、ストイシズムの方はというと、一手目のギャスがリーチもんでかなり苦労する。
f0200993_2095245.jpg

それ取れても足上げが苦しい。
足上げれても次のサイド取りが苦しい。
サイド取れてもリップに手が出ない。
リップののっぺりを止めても奥のガバに手が出ない。
f0200993_20102416.jpg

困った。
って感じで気付いたら一手ずつ解決して最後の一手まで迫っていた。
これもしかして登れんじゃね~!?
と思ったら本当に登れた!
f0200993_20142016.jpg

おぉー奇跡。
我がクライミング人生に一片の悔いなし。
思い残すことなく初日終了。
[PR]

by ochibure | 2009-09-19 18:31 | 四国
2009年 09月 16日

準備万端

今週末の連休に向けて色々準備。
ちょうど良いタイミングで届きました↓
f0200993_20401468.jpg


車移動だからてんこ盛り。
f0200993_20414684.jpg


台風が微妙やな~。
今週こそは頼むよ!
[PR]

by ochibure | 2009-09-16 20:40 | 雑記
2009年 09月 06日

キャンプ de 落ちぶれ's LIFE ~ニ日目~

朝7時にムーチョスと約束していたが、案の定7時には起きれず。。。
若干の遅刻でテントから出ると既にムーチョスカーが停まっていた。
睡眠時間二時間で既に臨戦態勢のムーチョスを待たせてのんびり朝ご飯。
慌てない慌てない。(ごめんよ)
結局9時前に岩場へ。
f0200993_2204898.jpg

さぁ、今日は気合入れて登るよ~!
5級を昨日より若干スムーズに登って、2級で落ちて、本気出して登って、昨日の1級をリピートしてアップ終了。
まだ10時前なのに天気が良すぎて暑い。
f0200993_2231818.jpg

一級/初段をムーチョスとセッション。
一手目↓
f0200993_2243453.jpg

スタートが難しかったけど、一手目が止まったトライで登れた。
面白い課題でした。
昔の課題だから簡単に感じるかと思っていたけど普通に難しかった。初段でもいいくらい。

いよいよ「涼」へ。
この岩で唯一名前の付いてる課題。
今回の目標課題だけど、流石にいきなり三段はキツイので、取りあえずは涼の直上バージョン(二段)を狙ってみる。
トポには左手二本指ポッケでSDと書いてあるが、どう頑張ってもSDにならない。
なぜなら地面から1m以上も上にスタートホールドがあるから。
大ちゃんの写真を見てもスタートは間違ってなさそうなので下が掘れたのかな?
一応「極力SDに近い雰囲気でトライするけど、そこは個人の気持ちの問題」ということでスタート。
昨日の反省を活かしてトゥの効く靴を持ってきたけどギリギリでリーチが足らない。
他にいいスタンスもない。
ムーチョスと二人で色んなムーブを試すがラチあかず。
大ちゃんみたいに下から飛ぶとか有り得ない。。。
何とかスタンスかムーブを見つけなくては無理。
一手目はムーチョスに任せて二手目の練習。
二手目も悪いよ!
「アヒ~」↓
f0200993_2219545.jpg

落ちるばかりで進展なし。
一旦キャンプ場に戻ってお昼ご飯。
f0200993_2292875.jpg

パスタ食べて、ぼんち揚げ一袋開けて、再び岩場へ。

嫁が早々にはまっていた1級ゲット。
奇跡的に全ムーブが繋がった。
f0200993_22245188.jpg


ま、負けれん。
こちらも一手目取るムーブが出来るようになってきたので繋げにかかる。
確率の悪い二手目も止めてカチ→ギャスカチも止めて核心越えた~!って思ったら体ピンピンで足が見えなくなって落ちた↓↓↓
へ、へこむわ~。
すぐさまリトライしてまたもや二手目のランジも止めたのによれて落ちた↓↓↓
何してんの~。
二手目のランジ↓
f0200993_2236132.jpg

そしてそのトライを境に高度が下がるのであった。(某ブログより)

タイムリミットは15時。
サラリーマンクライマーなので夕方の涼しい時間とか待っていたら翌日の仕事に差し支えてしまう。
なので何が何でも15時までには登って撤収しなくてはならない。ノンストップでも家まで5時間かかるし。

太陽が雲に隠れる合間を狙ってトライするが右手は指皮なくなってきたし、左手はポッケの淵が当たって腫れてくるし、ちょっと厳しい。
まったくいいとこなしの自分とは反対にムーチョスは全然出来なかった一手目を止め出し、二手目のランジも近づいてきた。
前回のロクスケに続いて今回も接戦。

二人とも15時ギリギリまでレストして最後の1トライに賭ける作戦に出た。
ガッツリ休んで、ホールドも綺麗に掃除して15時を待つ。

14:55
日も隠れ風も出てきた。
最終トライとしては申し分ない状況。
集中してムーブを起こし、カチを握り込む。
狙いを定めて飛ぶが左手キャッチできず落ちる。
あれ?
結構集中したのに何かあっけなく落ちて終わった。
ムーチョスに至っては一手目すら取れず落ちてる。
何という幕切れ。

諦め切れずもう一回トライしてみる。
さっきより風があってカチが持てる。
ランジの振られにも耐えて二手目も止まった!
足位置も確認しておいたので今回は問題なし。
無事登れた~。
いやー危なかった。

15時ちょうどでしたv
という訳で二段さっくり登って三段の核心探って次回に繋げるという計画からは大きく外れたけれど、何とか直上バージョンだけでも登れてよかった。

ムーチョス君、今回は私の勝ちということで。ふふふふふ~。
[PR]

by ochibure | 2009-09-06 21:56 | 甲信越
2009年 09月 05日

キャンプ de 落ちぶれ's LIFE ~一日目~

山か岩か!?
迷いに迷って、山の麓で「キャンプ+岩登り」という結論に落ち着きました。
金晩か土朝発で行こうぜ!と言いながら疲れのせいで朝起きれず。
結局、土曜の昼前に家を出て二回の事故渋滞につかまって、キャンプ場に着いたのは16時でした。。。
まぁいいのさ、ゆっくりしに来たんだから。
受付を済ませてガラガラのキャンプ場を贅沢に一人占め。
f0200993_21424736.jpg


日没までの少しの時間で岩登り。
5級をプルプルしながら登り、1級にプチ打込み。
久しぶりの岩だから動きが硬い。
一手一手無駄に力入るし。
目的課題の下部を触るも一手目出来ず、二手目出来ず、挙句三手目が核心ですか?!無理無理。
一時間で切り上げて、温泉入って後は宴会。
あ~幸せ。
f0200993_21455928.jpg

夜は上下着込んでも寒いくらい。
嫁は確実に着こなしを間違えていたが、認めようとしない。
ブランケットを羽織ながら最後まで「寒くない」と言い張っていた。
[PR]

by ochibure | 2009-09-05 21:35 | 甲信越