<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 29日

メンテ

仕事終わりで整体へ。
この歳になったら強くなることや鍛えることよりコンディショニングの方が重要。

先生にも「如何に怪我せずに継続できるか」「怪我をしにくい体つくり」に重点を置いた方が良いと言われた。
その為にはストレッチ:練習=7:3位の割合でやりなさいとも。

頑張れば報われるのは若いうちだけで、歳相応の練習をしないと怪我をしてシーズン棒に振るかも。

国体も大事だけど、その後の岩も大事なのよね~。
本当難しい。

冗談抜きで怪我せず終われればそれでOKって心底思えるようになってきた。

明日は登ろうと思っていたけど、肩の痛みが酷いので3日レストに切り替えた。
最近3日も休んだこと無かったからどう転ぶか分からないけど怪我したら元も子もないし。





あっ、ちなみに猿ヶ城はマイル使えずで断念しました←じょにさん。
[PR]

by ochibure | 2010-09-29 23:18 | 雑記
2010年 09月 27日

なんか

グダグダ~っという感じで一番大事な一週間前が過ぎてしまった。
色んなところにチョコチョコと不安を抱えつつ、気付けば国体目前。
思えば足の痺れに始まり、肘痛、口唇ヘルペス二回、歯が欠けること一回、最後は肩痛めて全工程終了。
もはやどうしようもないので後は相方に全部丸投げして自分は楽しんでこようと思います。

今週一週間は疲れない程度に登って、これ以上怪我しないことと風邪ひかないことと当日遅刻しないことと忘れ物しないこと。
以上。
[PR]

by ochibure | 2010-09-27 22:09 | 雑記
2010年 09月 23日

僕もう無理

絶対帰っちゃいけないのに帰ってしまった。
案の定会社から電話かかってきた。
明日は地獄が待ってそうな気がするな~。
[PR]

by ochibure | 2010-09-23 00:51 | 雑記
2010年 09月 20日

連休終わり

f0200993_23562783.jpg

明日から仕事かー。
憂鬱以外の何物でもない。
しかも結構ややこしいやつ残してるしな〜。


今日は帰りの高速で米原〜栗東45km渋滞、っていうの見て気が遠くなった。
往きの高速でも思ったけど、社会人は時間を金で買ってるんですよ。
連休だからという漠然とした理由で特に今日でなくてもいい遠出をする馬鹿ファミリー、毎日夏休みの馬鹿大学生、流れに乗れないのに追い越しに出てくる馬鹿ドライバーは外出を控えなさい!

そういう奴に限って追い越し80km巡航してるんよね。

あ、駄目だ、酔っ払って好き放題書いている。
[PR]

by ochibure | 2010-09-20 23:56
2010年 09月 19日

今日も

f0200993_2112981.jpg

連休のせいや!
[PR]

by ochibure | 2010-09-19 21:01
2010年 09月 19日

ミニストップ

f0200993_9443971.jpg

なう。
暴飲暴食続き。
[PR]

by ochibure | 2010-09-19 09:44
2010年 09月 18日

鳥三昧

f0200993_21323146.jpg

なう。
[PR]

by ochibure | 2010-09-18 21:32
2010年 09月 12日

Fukui Cup

国体までのラストコンペとして福井カップに初参戦してきました。
f0200993_23565068.jpg

今回の目的は「リードコンペ慣れ」
一回でも多くオンサイトの緊張感を味わって経験を積みたいんだけどなかなかリードコンペってないのよね。。。


誰が出るかで順位は変わるので難しいところだけど、何とか決勝枠に滑り込めれば、予選→準決→決勝と三回の緊張感が味わえる。
国体施設の壁なので高さ的にも申し分ないし、セッターは本番のセットもするという立木さん&岡野さん。
自分の望む条件が全て満たされている。

今回は国体の為のコンペなので、勝ち負けよりアップから本番までの持って行き方や緊張状態でどんな動きが出てしまうのか、この辺りの最終チェックが一番大切なところ。
もちろんチャラ男には勝ちたいけどそれは二の次。


まずは予選。
ジムで働いてるくせにグレード詐称するチャラ男のせいで正直に申告した自分はラス2出走。
皆さんグレードは正直に申告しましょう。

要項には「誰でもが参加できるよう、男子予選ルート、女子準決勝ルートは初・中級者向けのセッティングを行う」とあったけど、オブザベしてても登らせ設定には感じなかった。

自分でも分かるくらいのガチガチ登りで何とか完登したけど登ってみても難しく感じた。
これが純粋に難しいのか、登りにくい傾斜なのか、はたまた自分で勝手に悪くしているのか、全く判断できない。うーん。

あまり良い登りではなかったけど、この1本に国体に向けての大事なヒントが詰まっていると感じたので、これだけでも出てよかった。

コンペの方は完登者6名が準決勝へ。
準決からはseed選手が二人加わって8人での争い。
先ほどのルートより威圧感を感じる系。

二番手のチャラ男が完登したのが分かった。
その後も完登が続き、完登しないと決勝には進めない事は明白。
緊張して登り出すけど、一本目に比べて楽に感じる。
体がほぐれたからなのか、合間のボルダーがよかったのか、単に登り易いルートなのか、さっぱり分からない。
ただ、1本目のほうがワングレード難しく感じたし、チャラ男も同意見だった。
でも1本目完登した選手でも落ちる人がいる訳だからグレードは上がっているのだろう。
ますます分からない。

ややこしいことは家に帰ってから考えるとして、ここは目標にしていた決勝進出を素直に喜んでおこう。
決勝は完登者6名での争い。

で、決勝。
ここまで残ったので順位や他人は気にせず目の前の課題に集中しよう!そう思うと案外落ち着いて登り出せた。
いやらしい垂壁部を一手一手大事にこなしてガバ地帯のルーフへ突入。
あっ思ってたよりガバじゃない。。。
ここはレストポイントだったはずなのにレストどころかクリップもできない。
f0200993_0425334.jpg

精神的に追い詰められている。
ヨレてる、俺ヨレてる。肘が急上昇。
チャラ男の「ガンバ~」の声が聞こえる。
目の前のホールドにはチョーク跡。
「くっそ~、あいつ絶対ここ通過したから上から目線のガンバや」
「お、落ちれん!」
課題への集中はチャラ男への対抗心に変わっていた。
必死でルーフを抜け出して薄被り面へ。
二回くらい決死のクリップをこなしていよいよ勝負所。
オブザベの時からここは絶対気持ちで負けないと決めていたポイントだったので思いっきり手を出した。
ズルズルズル~
一瞬止まったかと思ったけど、保持面を感じながら体は宙へと投げ出されていた。
まぁ限界まで搾り出しての一手だったから悔いはない。
降りてきて嫁から「顔色悪いで」の一言。いつもの息してない病だったみたい。

優勝候補のO井君も同じ一手で落ちていたけど微妙な差で優勝。
嘘みたいで実感湧かず。こんな事もあるのね。。。
f0200993_0432110.jpg

リードコンペの優勝賞品がボルダーマットって素敵やん。
f0200993_050616.jpg

パパがじゃんけん大会でゲットした靴をすでに自分のものにしているチャラ男
f0200993_0502432.jpg


何にせよ良い経験をさせてもらえたので貴重な一日でした。
関係者のみなさんありがとうございました。
相方の足を引っ張らない為にももうしばらくリードモードでいこうっと。
[PR]

by ochibure | 2010-09-12 23:50 | コンペ
2010年 09月 08日

Mr国体来店

大分、新潟と国体のボルダリング競技を知り尽くした男がわざわざ西明石まで講習に来てくれました。
「これは1課題目くらい」「これは4課題目やな」といった感じで即興で課題を作っては足を使わずキャンパスでトライしてヨレるの登るの繰り返し。
勉強になります。

f0200993_23372041.jpg

登りもそこそこにショップを物色するMr

f0200993_23372099.jpg

大人の事情が交錯するレジ前
[PR]

by ochibure | 2010-09-08 23:37
2010年 09月 06日

競技順

国体の競技順が・・・
リードもボルダーも40番台。。。
[PR]

by ochibure | 2010-09-06 22:23 | 雑記