落ちぶれブログ

ochibure.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

レーシック体験記 ~革命失敗編~

この日の予定は

朝9:30~検査
17:15~手術
19:30終了

一番の心配は検査で問題がないかどうか。
ここまで張り切って「レーシック受けれません」が一番キツイ。
角膜分厚くて健康でありますように、と祈りながら品川クリニックin!

キレイな受付には既に2~30人の人。
休日だからかひきりなしに訪れる人人人。
受付の人が5~6人横一列でどんどん対応している。

書類を記入し名前を呼ばれるまでロビーで待つ。
ロビーには不要になったメガネとメガネケースを捨てるための箱が置いてある。
あー自分も早くメガネ捨てて裸眼の生活がしたいな~、なんて思っていると名前が呼ばれた。

広い室内を担当の人に誘導されながら次々回っていく。
まるで免許更新センターのような感じ。
視力検査の機械が10台ズラーと並んで10人の技師がそれぞれ患者に接している様はなかなか壮観。
眼圧や視力を測定して、瞳孔を開く目薬をして暗室へと通される。
真っ暗な中で角膜の厚みを測定するが、左目だけ何度もやり直される。
この時は機械の調子でも悪いんかな?と気にも留めていなかった。

色んな検査で室内をグルっと一周して最後はDrの診断。
これまでの検査結果を見ながらDrが一言
「左目の角膜の厚みが均一ではないですね。これではレーシック無理ですね。」

ええぇぇ~!!!

レーシック受ける気満々でコースまで決めてやって来たというのに~!
色んな体験談も読みまくってきたのに~。
ショック過ぎて言葉が出ない。

「もう一週間メガネを続けて様子を見ましょうか。もしかしたら角膜の厚みが戻るかもしれませんし。」
「来週の予定は大丈夫ですか?では来週再検査ということで。」
たたみかけるように言われ、放心状態のまま一週間後の再検査だけが決定した。

普通に受けれると思っていただけに、本当にショックだった。
GWの予定が大きく狂うし、来週手術できたとしても仕事に影響するかも、いやいや来週までに角膜が厚くなる保障はどこにもない。メガネ生活一週間延期っていうのも気が重い。何にも出来んやん!

一週間後の再検査の時間などを受付で決めてビルを出る。
ここまでで2時間30分。
何か疲れた。
そして革命は失敗に終わった。
[PR]

by ochibure | 2011-04-29 08:16 | 雑記
2011年 04月 28日

レーシック体験記 ~革命前夜その②~

ネット予約できるらしいが、最終的に電話がかかってくるらしいので最初から電話で申し込む。
オペレーターの人の質問に答えながらレーシックを受けたい日やコースを伝えれば申し込みは終了。
注意事項としては
「ソフトコンタクトの人は三日前からコンタクト禁止」
「当日の検査結果によっては施術できない」
「施術翌日にも検査がある」
くらいかな?

まぁ何はともあれ申し込みも出来たし、そのままメガネを購入する為に近所のビジョンメガネへ。
使い捨てコンタクトに代えてからはメガネを使うことがなかったので、いつの間にかメガネがなくなって10年以上経ってた。
っていうかメガネあえへん!
耳の上や眉間がすぐ痛くなるし、かけたままうたた寝して起きたらフレーム曲がってるし。

一週間もかけないのでそんな高いものは不要。
5~6000円くらいでレンズフレームのセットあったのでそいつを購入。
しかし、久しぶりのメガネはコンタクトと違って焦点の位置が合わない!
店の人からも「仕事で近く見るなら強く矯正するとしんどいですよ」と言われたので最終的に両目で0.5くらいに合わせてもらった。
なので近くは楽やけど遠くは全く見えない。
人の顔とかだいぶ近付かないと判別つかない。
まぁいいのだ、ほんの数日かけるだけやし。

そして話は変わるけどビジョンメガネではレーシックを受けた店員さんが常駐していて色々アドバイスしてくれる。
さらに神戸クリニックの割引券(三万?)を貰えるんだけど、もう予約してもたしー。

まぁ、そんなこんなで準備はOK。
後はお金下ろして当日の検査で問題ない限りレーシック受けれることになった。
[PR]

by ochibure | 2011-04-28 22:10 | 雑記
2011年 04月 28日

レーシック体験記 ~革命前夜その①~

ついにレーシックを受けることにした。

毎日、朝一でコンタクトをつけて、晩布団に入ってから外して寝る(1DAYなので使い捨て)生活に特に不便は感じてなかったが、先日の東日本大震災で「この視力でコンタクトがなければ生きていけない」と強く感じるようになった。
早速翌日からレーシックについて色々調べてみたら、体験談の中に今回の災害をきっかけに受けたという人が結構多いことに驚いた。
みんな同じこと感じてるんや。

この時点で既にレーシックを受けることを決心している訳だが、問題はどこで受けるか、どのコースを受けるか、いつ受けるか。
まず「いつ受けるか」
これは選択の余地がないので逆に決めやすかった。
一年のうちで三日以上休めるのはGW・盆・年末年始の三回。
これまでは長期休暇=ツアーだったけど最近は枯れ気味なので休みにクライミングしなくても平気。なので最も近い連休のGWに決定!

で次に「どこで受けるか」
有名なところでは神奈川クリニック・品川クリニック・神戸クリニックあたりがよく出てくるけど、正直どこがいいのかは全く分からない。
使用機械や値段など調べれば調べるほど分からなくなるというのが本当のところ。
結局、品川クリニックで受けることにした。

最後に「どのコースにするか」
下は9.2万から上は32万まで、ピンからキリまであるけど一生付き合う自分の目の事で金をケチるわけにはいかない。
かといって32万が簡単に捻出できるほど裕福でもない。
自分は結局26万の「アマリスZレーシック」というコースにした。
これは5段階あるコースの上から二番目に高いやつ。
本来は検査してレーシックが受けられるかどうか確認してから手術の日やコースを決めるらしいが、時間のない人や遠方の人用に1dayレーシックというコースがある。
当日の朝に検査してその日の夕方手術するというやつ。
ただし、この1dayレーシックは26万の「アマリスZレーシック」32万の「最高級アマリスZレーシック」の二つしかコースがない。(高いコースしか選べない)
金はあるけど時間のない社会人の足元をみた素晴らしい設定。
金も時間もない自分は選ぶ余地がない中で安いコースを選択したという感じ。
更に1dayだと+1万なのでトータル27万が最終金額。


コンタクト代が1ヶ月5000円×12ヶ月=6万/年
五年で元とれるし煩わしい付け外しもないと考えれば安い。

さぁ、そうと決まれば早速予約や!
[PR]

by ochibure | 2011-04-28 21:12 | 雑記
2011年 04月 16日

男三人ぶらり旅

ラッチー・ボン・自分の三人で前から行きたかったゲロックへ。
卑猥なトークで盛り上がってる二人の会話を聞いてたらいつの間にかエリアへ到着してた。
で、早速「ドーラ」発見ー!
f0200993_18172857.jpg

これやってみたかったのよね~。
思ってた通り格好良くて、面白そう。
ルーフ内に必要最小限のホールドが散らばりリップまで導いてくれる。
保持力、体幹、フック、色んなものが試され、最後まで気が抜けない好課題。
今日はこれを目標にやってきたのだ!
アップもせずに出来そうな箇所からバラしていく。
f0200993_18224566.jpg

三人居るのでムーブ解決が早い。でも自分は一手一手必死。
特に最初の右→右の箇所、そこからの手に足ヒール、最後の棚ガバ取るムーブはかなり苦労した。ってかほとんどのムーブがすべてギリ。
最終的には大中小と全員尺が違うのに全員同じムーブに落ち着いた。

ボンが一人良い感じで繋げだしたのでハラハラして見てたけど最後の棚ガバとる前の足でもたついてヨレ落ちを繰り返してる( ´艸`)ヨシヨシ♪
f0200993_18275198.jpg

自分もニ分割に出来たのでスタートからやってみる。
下部からギリギリのムーブをつないで必死でトップアウト。



これを見たボンもすぐ後のトライで執念のペロンチョ。
リップ付近できわどい行きつ戻りつを繰り返して最後は腕が上がらなくなるくらいまで出し切っていた。
久しぶりにプルってるところ見れて満足(笑)

続いて裏の「ラード」へ。
最初が意味不明。
こんなん持てるの?的なホールドにチョークとティックがついてる。
ラッチーとボンが果敢にムーブ解決しているのを後ろで眺める。
f0200993_18593693.jpg

強傾斜のカチ課題やし、まぁ無理やね。って思ってたらラッチーが次々いいムーブ見つけてくれてなんか希望の光が見え出した。
なので本気トライ。
したらあれよあれよと繋がってトップアウト。
おーマジか?!

対人クライマーボンがすぐさま後を追って登ってくる。
最後は「アップ、アップ、ププッピプー」と言いながらこれまたペロンチョ。

降りてきてから「もはや課題を登りたいというより、おいて行かれたことが悔しくて登った」と本音を語っていた。
お前はファイ田か!

ドーラでもラードでも一番早く一番良いムーブを見つけたラッチーは脛を強打して悶絶。
脛流血させながらエリア移動。


続いて「アンセム」なる課題を求めてワールドロックへ。
一手目からダイナミックなランジで、思っていた通りラッチーの独断場。
f0200993_19384665.jpg

一手目はほぼ100%止まるのに左足が上がらないという別の問題に直面しているラッチーを差し置いて、ボンが初めて一手目止めたトライでそのまま完登。
ラッチーもニ連発ランジでその後に続く。
自分も最後まで粘って何とか予定時間内に完登。
みんなで気持ちよく撤収~。

三課題しか触ってないけど初めての岩場はほんま楽しかったし、今度はゆっくりと来たいもんですな。
[PR]

by ochibure | 2011-04-16 00:48 | 東海
2011年 04月 10日

国体予選ボルダー

二日目はGRでボルダー。
ボルダラー多数の兵庫では、二日目で勝ってこそ真の勝者。
っていうかボンにだけは勝ちたい。
そんな思いで少年達の競技を見守る。

それにしてもみんな巧くなったな~
f0200993_2043769.jpg

抜かれるのも時間の問題かな
f0200993_2051642.jpg

去年一緒に千葉に行った二人は言うまでもなく、マーヤちゃんやシオン君、なぎスケまで!?
努力の成果やね!

時間の都合上、嫁の2課題目まで観てからアイソへ。
もうここから闘いは始まっている。
圧倒的な前腕を誇る四国No1がアップの範疇を超えた課題でアップしているが、絶対やらないようにした。
だって傷つきたくないから。
次々課題が量産されるが深追いしないようにした。
だって指皮なくしたくないから。

自分はトップバッターなのでアップは早々に終了して精神統一タイム。
靴履いてないのに「そろそろいいですか」と言われ焦る。精神統一の意味なし。

一課題目
オレンジポッケ~フラット~ゴールまでのスタティック三ムーブが悪かったが何とか一撃。
「悪い~」「全然ウェルカムじゃない~」とアイソのみんなに聞こえるように言ったが誰も信じていなかったらしい。。。


ニ課題目
今回の中で一番悪かった。
色んなムーブがありそうだが、いかに自分に合ったムーブを見つけることができるかが勝負だった。
残り時間1分を切ってあぶなかったが四回目のトライで完登。


三課題目
本当ごめんなさい。正直ヨレてたんです。
設定者の意向を無視するライン取りで一応一撃。


四課題目
ゴールマッチが危なかったけど一撃。
こうして考えたら一課題目が一番簡単だったということになるのか?


で結果は、勝ちたかったボンにだけ負けて二位。
サイノちゃん・ケンボーも四完で同着三位。

ボンにはリードコンペ三連勝、ボルダーコンペ三連敗という歳を感じる結果になってしまった。
ボンにはもう勝てないから次からは高校生のユージを相手にするとしよう。

終わってからは20人で打ち上げ。
楽しく紳士的なのは最初だけ。
途中からは阿鼻叫喚の地獄絵図。

何故か居酒屋でパン一 今年の兵庫代表↓
f0200993_2375334.jpg

止めもせず写真を撮り出す男性陣と「いや~」と言いながらしっかり見ている女性陣↓
f0200993_238871.jpg

こんな二人が兵庫を背負って戦います みなさんよろしく↓
f0200993_2381961.jpg

[PR]

by ochibure | 2011-04-10 23:07 | コンペ
2011年 04月 09日

国体予選リード

今年は予選には出ないつもりだったけど、リクボンがオープン参加で出るっていうんで自分もオープン参加で急遽申し込み。
f0200993_22282171.jpg

年々増える参加者&今年は外部からセッターを迎えて、内輪コンペだった国体予選も選考会らしくなってきました。

初日はリード。
セッターのO井君に「みんなボルダラーやし、思ってるより登れないよ」「ボンに至っては国体から一度もリードしてないよ」とアピールするも全く取り合ってくれない。
たぶんサイノちゃんとボンを意識して12Dあたりかな~と推測するが
「えっ!?サイノ出ないって聞いてたんで想定してないんですけど」
おっと、じゃあちょっとグレード下がるかもっていう甘い期待を抱きつつ競技開始。

オブザベ開始してビックリ。
1ピンかけれずに落ちる人出るんじゃね?!っていうスタートで全員ざわめく。
ただ、そこから先は素直な感じ。
最初にガツンとかまされて飲まれたら崩れるタイプ、そこから先はリード頑張ってきた人が一手でも上に行くって感じ。いつもよりルーフ部分長いし放出系のボルダラーには厳しいかも。

仲良くオブザベ
「お前まともにリードしてないのにルーフまで行けると思ってるの?」
「ボルダー強い奴はリードも強いんじゃ!」
f0200993_22283724.jpg


出走順はボン四番、自分五番。
緊張が高まる。
国体かかっていなくても緊張感は一緒。(終わってからの落ち込みや嬉しさは全然違うやろうけど)
二番手のサイノちゃんが完登、三番手の田中ちゃんも、上部まで達してるぽい。
「これは完登せなあかんパターンやぞ!」と言ってボンを送り出す。
なのに四番手ボンは何故か下部から「ガンバ」の声がやまない。
※動画あるけど絶対アップするな!との強いお達しにより今回は画像で↓
f0200993_1920693.jpg

ボンは本人の希望通り記録より記憶に残るクライミングで会場を沸かせたらしい。
で、その後観戦に来ていたキレイなお姉さんにこっぴどく叱られたらしい。
もっと叱ってあげてください。
f0200993_22285330.jpg


で、自分の番。
ボンのことがあったので下部に全神経を集中!そして普通に通過。
全体的にレスト少なめでサクサク進んだけどルーフで激パンプ。
似非リードクライマーのメッキが剥がれ出す。
最終クリップをかけて、残り三手の地点でフリーズ。
オブザベの時に普通にクロスだろうと思っていた箇所でクロスが出ないことが判明。
左手ギャスで固めて右手でその上のホールドにクロスで入る予定だったが、設定は左手をもう一発ギャスで飛ばして右手を寄せるムーブだったみたい。だけど腕も頭もパンプしているので何も出てこない。
余力があれば左手マッチしてハイスタンスに上げれるけど勿論余力もない。
当初踏むはずであったアンダーポッケは形状の遥か向こうに隠れて見えもしない。
左に足を求めてみるが踏めそうなパターンもホールドもない。
もう落ちるしかない。
結局、何もせず落ちるというリードコンペでは最低の終わり方を披露して一日目終了。
セッターの思惑通り完登者一人、そこから下は手数で差がつくという素晴らしい設定でした。
f0200993_19555078.jpg


帰っていつものポテチ&ビール。明日もコンペだけど普段と変わらない生活を送ることが大切だと自分に言い聞かせた。
[PR]

by ochibure | 2011-04-09 22:27 | コンペ
2011年 04月 03日

日曜

「コンペに出る」と言うと「俺も出る」と言う

「岩に行く」と言うと「俺も行く」と言う

こだまでしょうか?

いいえ

リクボンです

f0200993_21562391.jpg

[PR]

by ochibure | 2011-04-03 21:36 | 雑記
2011年 04月 02日

土曜

某所で国体予選のプレ大会。


優勝、梶山沙亜理(リード・ボルダー共)


頑張ろう兵庫!(男子)
[PR]

by ochibure | 2011-04-02 22:36 | 雑記